本文へスキップ

鬼ヅモ同好会ホームページ本部

管理人:再生紙燃
E-mail.
mitsuruakuukan@yahoo.co.jp

徒然なる日記Diary

過去の日記

2017年7月18日


7月18日

[仕事]
新天地での勤務も3ヶ月が経過し、現場での毎日にようやく慣れてきたこの頃。
今週でひとまず予習もひと段落して、来週以降は多分定時退出できるはずです。

この職場での業務は、ところどころ疑問符のつくところはありつつも、それでも行政時代よりも、業務量・心的負担ともにかなり軽減されている実感があります。
ただ反面、土日の出勤は以前よりも増え、その結果として完乗の旅に全然出られていないという現状もあります。
まぁ、完乗に出られない主な理由はむしろ、以前よりもゲーム三昧の毎日を送ってしまっているからなのですけどね・・・。

とにかく、せっかく4年ぶりに普通の夏を迎えることができるので、業務整理をしつつ、ゲームもしつつ、旅もしつつと、この暑い季節を満喫しようと思います。


[Splatoon2 前夜祭]
いよいよ今週の金曜日、「Splatoon2」が発売となります。
そもそも、私がNintendo Switchを発売当日に買おうと決断した最大要因がこのソフト。
昨年購入したWiiUが、前作「Splatoon」専用機となってしまっている訳ですが、それを全く後悔させない出来だったこともあり、その続編である今作にも期待が高まります。



その2作目発売を目前にしての前夜祭(という名の体験版)が、先週の金曜夜に無料配布されました。
前夜祭は、何とソフト発売前の4時間限定フェス開催という位置付け。
当然ながら全編参加したかったところですが、仕事の関係で後半2時間のみの参加となりました。




今回のお題は「どっちを聴く?! 『ロック』VS『ポップ』」。
私は当然ながらロック好きなので、迷わず「ロック」を選択。

・・・というか、「ロック」も「ポップ」も定義があいまいなんですけどね。
まぁ、気分的に「ロック」でいいや。





今回はプレイヤーとして、前作と同様のスタイルのイカガールを選択。
イカちゃん、かわいい。





勝利して勝ち誇るイカちゃん、かわいい。





負けて悔しがるイカちゃん、かわいい。


プレイしての感覚としては、コントローラーがWiiUのあのデカいパッドから、SwitchのProコンになったお陰で、だいぶ疲労感無く快適にプレイできました。
まぁ、まだProコンのジャイロ感覚が慣れませんが、それも前作を数百時間経験してしまったからこそ。
新しいジャイロ感覚も、やっているうちに慣れることでしょう。

とにかく、ナワバリバトルで勝ったり負けたりの楽しい2時間が終了しました。





フェスの結果は、ロックの勝ち。
なお、得票率はロックが勝ったものの、勝率ではポップ勢が微差での勝ちとなりました。
このゲーム、ガチ勢はフェスでわざと人気無い側に回って、実力勝ちをしようとする感がありますね。それもフェスの楽しみ方の一つですかね。

ちなみに・・・



半分のみの参加では消化不良気味だったので、翌朝に開催された、米国版の前夜祭にも参加してきました。
こちらは、米国版のニンテンドーIDを所持していれば無料で参加できます。
ただし、ゲームは全編英語表記、フェスのお題も日本版と異なり、
「『Cake』VS『Ice cream』」とのこと。

・・・このイラストだと、どちらも大して旨そうじゃねぇなぁ。
ま、何となくで「Ice cream」を選択。
アイスは毎日でも食べられるけど、ケーキはせいぜい週一回でいいや、程度の感覚。

ゲーム内容は日本版と全く同じ。
言語の違いも、アクション系のゲームでは全く関係無し。
こういうゲームをプレイしていると、言語を問わずにゲームの面白さが理解できてしまうのって、凄いことだなと実感します。





結果は、やっぱり「Ice cream」の勝利。
というか、このお題を夏場にやる事自体、票の偏りは予想できることですけどね。

さて、Splatoo2でも定期的に武器・ステージの追加やフェスの開催がされていくようですので、前作同様、毎日コツコツとやりこんでいこうと思います。



[Ultra Street Fighter2]
要は20年以上前に稼動した「スパUX」のマイナーチェンジ版。
目新しい部分は無いものの、それでも日本では同作品初のネット対戦対応。
一応、ストUプレイヤーの端くれとして、暇つぶしにちょこちょこネット対戦でもやってみるか・・・と購入してやってみたところ・・・

お・・・面白い!
コンボゲーに終始しない、中距離での刺しあいの緊張感!
シンプルながらも絶妙に調整されたゲームバランス!
やっぱりストUシリーズは格ゲー界の至宝だ!!


という訳で、購入からわずか1ヶ月半程で100時間もやりこんでしまいました。
20年以上も前のゲームを、今更これだけやりこんでしまったのも、やはりNintendo Switchの立ち上がりの早さやネット対戦のスムーズさがあったからでしょうなぁ。
期せずして、今後もやりこんでいけるネット対戦ものがまた一つ増えました。




プレイヤー名は、おなじみ「もょもと」。
使用キャラは、当然ながら「ザンギエフ」。
プレイヤーのレートにあたるPP(プレイヤーポイント)は、大体3000〜3500程度。
世界ランキングで言うと、100〜300位くらいのようです
(全プレイヤーが20000人以上くらいとのこと)。





ちなみに、ザンギエフ限定でのランキングは、現在世界4位。
と言っても、往年の有名プレイヤーの多くは未参加でしょうから、限られたメンバー内での4位なのでしょうけどね。
それでも、世界トップが目に見える場所にいるというのは、向上心を沸き立たせますね。

1プレイ3分程度で出来るとあって、今後も末永くプレイしていくゲームとなりそうです。



5月28日

3月3日にNintendo Switchを買ってからというもの、自室にいる間は暇さえあればゲーム・ゲーム・ゲームの毎日でした(というか継続中)。
すでにドラクエヒーローズ1作目は90時間程かけてクリア済み、ゼルダの伝説はとっくにクリアしているものの、まだまだやる事が多く、もうすぐ200時間に到達します。
という事は、この3ヶ月弱で300時間近くもゲームしていたのか。
1日当たり3時間以上? すっかり廃人ですね。

そろそろ体力も低下気味だし、ゲームに忙殺されてしまうのも何なので、そろそろ今後も見据えて、「持続可能なゲーム生活」という視点で、普段の生活を見直そうと思います。


[仕事]
4月からめでたく現場に復帰し、充実した毎日を送っています。
予習はなかなか手間がかかりますが、苦になることは全くなく、やはり私は「この学問で食っていこう」と決意して間違いなかった、と再認識しています。

一方で、私が3月まで事務屋だったのをいいことに、色々な雑用ごとが数々降ってきており、なかなか多忙になってきている今日この頃でもあります。
まだ休日出勤はそれほど無いものの、今後は業務改善を図りつつ、もっと楽に仕事ができるように努めようと思います。


[Nintendo Switch]
3月3日の発売以降、予想外の好売上を記録しているようで、最近ではマインクラフトやモンハンの移植もされてくるなど、ハード全体として盛り上がっているようです。
もちろん、私はハードが盛り上がるから購入した訳ではないのですが、販売台数が増えればソフトも多く出ることになるし、ネット対戦のユーザー数も多くなるなので、私にとっても良いこと尽くしで喜ばしい限りです。

今後、少なくとも年内までは大作続きであるようなので、まだまだ盛り上がっていくとのこと。
私自身も、1廃人として、この新ハードの盛り上がりに参加していこうと思います。


[ドラゴンクエストヒーローズI・II for Nintendo Switch]
3月いっぱいかけてプレイし、1作目の達成度95%程度になったところで一区切りつけました。
各キャラの振り分け要素を最大にするには3周する必要があるとの事だったので、ストーリーを3周しました。
そこそこ楽しいからいいとして、あまり意味の無い繰り返し作業が強制されるのは、好ましくないなぁ。まぁ、それも含めて「ドラクエっぽい」感じですが。

これ以上は割りと作業を繰り返す見通しだし、多少飽きてきたので、またの機会にプレイするとします。


[ゼルダの伝説 BREATH OF THE WIND]
時間泥棒。やってもやっても、やる事が無くならないゲーム。
ストーリークリアは90時間程で達成しましたが、現在は各種やりこみ要素を突き詰め中。
とりあえず190時間経過して、ようやく祠を全て達成しました。
コログは・・・250くらい? あと3倍以上もあるのか、コレ・・・。

今後、夏にDLCが出るとの事なので、やりこみ要素は少し休憩中です。
その代わり、190時間の経験を活かして、もう一度最初からやり直しプレイを始めています。
初プレイ時には余裕無く通り過ぎていた場所やイベントを、深く味わいながら進めています。
やはり予想通り、このゲームは今後、年単位で何周もすることになりそうです。
(おかげで、パッケージ版を持っているにもかかわらず、便利でロードの速いダウンロード版を買いなおしてしまったし)

圧倒的な広さのオープンワールド、有り余る攻略要素、いくつも存在する別解答の攻略方法など、まさに名作と呼ぶべき作品です。



3月28日

[仕事]
来年度(この4月から)の人事が確定し、私は3年振りに現場へ戻ることになりました。
その現場の環境ですが、3年前までいた前の職場と同様のようで、予習に精を出す毎日が戻ってきそうです。
まだ未確定ですが、ここ3年間の開催が難しかった夏合宿も、また以前のように十分な日程を確保できることになりそうです。

以上、取り急ぎの報告でした。



3月5日

[Nitendo Switch]
3月3日は、任天堂の新据え置機である「Nintendo Switch」の発売日でした。
私自身、新ハードを発売当日に買うのは、実に17年振りのことです(2000年3月4日のPlaystation2以来)。
そういや、17年前は発売前日に大阪心斎橋のソフマップに夜から並び、整理券をもらっていったん帰宅、翌日の朝8時頃から行列に並んで購入したんだっけ。懐かしい。

前回の日記(1月23日)で書いたように、私はamazonで当日受け取りの予約済みだったので、当日は仕事を定時で切り上げ、20時頃に到着した宅急便にて、新ハードを受け取りました。
新しい物を買うとなった以上は、当然ながら発売当日を心待ちにはしていましたが、私ももう17年前のように若くはないので、今回はきちんと予約して、寒空の店頭には行列しませんでした。あしからず。




無事に入手できた、「Nintendo Switch」本体。
スマホやソーシャルゲームの台頭で国内のゲーム機市場が縮小している状況下で、据え置機と携帯機の融合という、何とも厨二心をくすぐる試みながらも、その試みに社運をかけて挑む任天堂の心意気には感心します。
これまでと異なる方向性ゆえに、どのくらい世間に受け入れられるかは分かりませんが、できれば長く普及していくゲーム機になってほしいものです。




今回予約した周辺機器とソフトは、写真のとおり。前回の日記から、任天堂公式のキャリングケース(画面保護シート付き)を加えました。それにプラスして・・・




当初、購入予定にはなかった「ゼルダの伝説 BREATH OF THE WIND」も追加してしまいました。
何か、あまりにも絶賛されているようなので、せっかくだから買ってしまいました。

私、あまり流行に乗るような人では無かったはずなのですが・・・。
まぁ、せっかくなので時流にのってゲームを堪能するのはたまには良いでしょう。

それでは、いよいよ本体開封の儀。




Joy-Con(ネオンブルー・ネオンレッド)と本体です。
コントローラーの色は、色濃い目の蛍光色という感じです。

これらを取り除いてフタを開けると・・・




左からHDMIケーブルとJoy-Conストラップ、Joy-ConグリップとACアダプター、そしてNintendo Switchドックです。




本体に左右のJoy-Conを装着した、「携帯モード」の図。
やはり、PS3以上の性能のゲーム機を自由に持ち運べるというのは、素晴らしい事です。
これで、完乗の旅などで外へ行っても、自室にいるときのようなゲームライフが送れます。




Nintendo Switch ドックの正面図。
サイズは、WiiUより一回以上は小さいです。




本体裏面へmicroSDXCカード(128GB)を挿入するの図。
このカードは、こないだまでタブレットで漫画などのデータを入れていましたが、そちらはより大きい200GBを購入して、128GBをお下がりでこちらに流用しました。
将来的には2TBまで対応出来るとの事。メモリ媒体の今後の進化に期待しましょう。


さて、開封の儀を終了して、本体のユーザー設定などもそれほど手間がかからずに21時頃、無事完了。
それから本日(日曜)夕方まで、休憩を挟みながらも、本体の動作確認や購入したゲームなどを楽しんでみました。
以下、2日ほど遊んだ時点での一通りの感想。


【本体】
動作は非常に快適。
事前のレビューでは冷却ファンの音が気になるとか書いている人がいましたが、実物を体験すると全くファン音はせず。
TVモードで長時間プレイ後、音量をミュートにして本体に耳を近づけると、わずかに聞こえるのみです。
ちなみに、携帯モードにした数秒後くらいはファン音がわずかに聞こえますが、すぐに音が全く聞こえなくなります。
誰だよ、「ファン音がうるさくて話にならない」とかいうデマを流したのは・・・。

スリープ状態への移行、復帰もスムーズ。
移行は、コントローラーのHOMEボタンを1秒間押して、「スリープ」を選択すると、1秒後にスリープ状態。
復帰は、同じくHOMEボタンを押して「つづける」を選択すると、1秒後に復帰できます。
携帯モードやスマホを意識しての高速化なのだろうけど、テレビに繋ぐような据え置機で2秒ほどの復帰時間というのは、素晴らしいですね。
これなら、面倒くさがりの私でも毎日継続してゲームを続けられそうです。

ちなみに、スリープ状態でのバッテリーの減りは、実測の概算で2時間毎に1%程度消費しました。
となると、フル充電から0%までは、約200時間(≒丸8日間)といった所でしょうか。
もちろん、使用環境等によって変わるので、参考までに。
場合によっては、2週間持ったという報告もあるようです。


【Joy-Con】
世間で言われているとおり、かなり小さいけど、操作性は結構良い感じです。
複雑な操作を要求されるゲームなら別ですが、簡単なゲームなら全く問題無さそうです。
ただ、Joy-Conストラップ未装着状態だと、LRボタンは押しづらいですね。

付属のJoy-Conグリップでは充電ができないので、私の場合はTVモード時には常に本体に装着しておく感じですね。


【Pro コントローラー】
別売りで7,000円程度するという、あまり褒められる入手環境ではありませんが、品質は間違いなく最高峰です。
私自身、任天堂のコントローラーは10年以上振りでしたが、自然に手にフィットする感じは、ライバル機のPSシリーズのコントローラー使用時にはありませんでした。
ごく自然に持てて、長時間持っていても全く疲れを感じない、素晴らしいコントローラーです。
今後発売される、Splatoon2等の細かい動きが必要となるゲーム時には必須と言っても過言ではないでしょう。

ちなみに、無線状態だとバッテリーが減ってしまうので、私は常に本体とUSB接続しています。


【ゼルダの伝説 BREATH OF THE WIND】
4時間ほどプレイ。
なるほど、世間で絶賛されるだけあって、かなり楽しいです。
というか、プレイしていて時計を見るのを忘れてしまうというのは、久しぶりの体験です。
事前情報無しということもあり、まさに「冒険」しているという実感が得られています。

ただ、だからと言って万人受けするゲームかというと、そうでは無さそうです。
というのも、オープンワールドかつ高自由度であるがゆえに、このゲームで次にどこへ行って何をするかは、プレイヤーによって全く異なることを前提としてゲームが作成されているからです。
簡単に言うと、ゲーム内で「次にここへ行きなさい」と言われて、真っ直ぐ目的地へ向かうタイプの人には、このゲームは向きません。
ストーリー上の目的地はありつつも、道草を食いながら道中を楽しんだり、好奇心の赴くままに目的地以外の場所へ行ってみたいと思う人には、かなり面白いゲームと言えるでしょう。
私はプレイ時間がまだまだですが、多分このゲームは「今日はここまでクリアするぞ!」と気合をいれてから始めるようなゲームでは無く、「今日も何となくゼルダワールドを堪能してくるか。」という感じのゲームなのだろうな、という印象です。

そんな訳で、私はネット上のネタバレに注意しつつ、長いスパン(できればスプラ2が出るまでには?)でこのゲームの世界を堪能しようと思います。


【ぷよぷよTETRIS S】
既にPS3版を3年前に購入していますが、今回改めてSwitch版を購入。
PS3版で起きた処理落ちや長いロード時間がかなり短縮され、実に快適になっています。
加えて、あまりにも「ぷよぷよ」側が不利だった状況が改善され、おじゃまぷよが降った後の硬直時間が短くなったり、ぷよ側の攻撃力が高くされたり(多分)と、より対戦が白熱する方向へ調整されています。

一方で、ほとんど意味を成さなかったレート制や、マッチング後の謎の硬直10秒間はそのままだったりと、残念な面はあります。
まぁ、このゲームに関しては中身を知っていたし、ぷよぷよの練習をするためのきっかけ作りだと思えば、良しとします。

数時間ネット対戦をやって、以前の勘を取り戻してきたものの、そもそも階段連鎖自体に限界を感じているため、これを機にGTRの練習をしたりなど、より向上するための修行をしたいと思っています。


【スーパーボンバーマン R】
入力のラグが酷く、まともなゲームの体を成していない。
論外。物売るってレベルじゃねぇぞ!

オフラインでも0.5秒程度のラグ、オンラインだと1秒ほど入力のラグがある。
はっきり言って、まともにゲームできない状態。
オンラインを数試合やりましたが、死因No1が「操作ミスによる自爆」。
普通にデバックしていれば、絶対にあり得ない内容の製品です。

ボンバーマンシリーズ久しぶりの新作とあって、キャラクターボイスに有名声優を起用したり、オープニングムービーのアニメを凝ってみたりと手間隙かけたようですが、手間隙のかけどころを履き違えているゲームの典型です。
歴史ある対戦ゲームの権威を見事、地に貶めてしまいました。

一応、まだ救いなのは会社側もこれは問題であることを認識していて、対応検討中であるという声明が発表されたこと。
今後、おそらくパッチ修正されると思われますが、それまではソフトを封印しておくことにします。
改良されてほしいとは思うのですが、少しやってみた感じでは、ボンバーマンの従来シリーズの面白さを会社が理解できていなさそうなギミックの数々が気になったので、あまり期待はしていません。
あの楽しかったボンバーマン対戦は、できなさそうで残念です。


【ドラゴンクエストヒーローズI・II for Nintendo Switch】
2年前にPS4版を購入したものの、8時間ほどプレイした状態で積みゲー化してしまったので、これを機に最初からやり直しています。
とりあえず、この2日間で積みゲーした場面以降まで進んでいます。
フレームレートが30fpsなので、大画面TVでは少しチラつきが気になりますが、慣れれば思ったほどではありませんでした。
何より、良くも悪くもドラクエシリーズと無双シリーズの無難な形での融合は、新しいゲームの方向性を示してくれたと思います。
そこそこの難易度はありつつも、基本「深く考えず爽快なアクションゲーができる」と思えば、ちょっとした暇に少しずつ進めるには良いゲームでしょう。


【魔界戦記ディスガイア5】
今のところ、未プレイ。
ドラクエヒーローズの1作目が終了したら、着手しようと思っています。



あぁ、久しぶりにたくさん日記を書いたから疲れた。
さて、これからしばらくはゲーム三昧の日々を送ることにします。



1月23日

[Nitendo Switch]
先週の詳細発表から1週間、すぐに購入すべきかどうか色々と考えましたが・・・やはり発売日に本体を購入することにしました。
というのも、スプラ2が発売予定というのが大きいですが、それ以外にも据え置き機そのものを持ち運べたり、色々なゲームのネット対戦を満喫できそうというのが理由です。

世間ではSwitchが酷評?されているようですが、もともとWiiUもスプラのためだけに買ったようなものだし、自分が買いたいと思ったのなら、それで良いと判断しました。
まぁ、私がPS3やPS4、果てはiPhone3GSを購入した当時も、それぞれ酷評されていましたけどね。

とにかく、発売日に購入しようと決めた以上、1月21日の開始と同時に予約をするのは必須。
事前の調べによると、ヨドバシカメラを始めとした大手販売店では、21日朝9時に予約が開始されるとのこと。
私の御用達であるところのamazonでは予約開始時間は未定とのこと。
一応、21日9時にサイトが更新されていないか確認したところ・・・

あ、ちゃんと9時に予約開始された。

ということで予約開始から約2分後、速攻で本体を確保完了。
もちろん、買うべきは本体以外にも色々ありますが、本体以外が品薄になることは考えづらいので、まずは本体のみの予約を最優先し、無事に予約完了できました。



ちなみに、予約開始30分ほどでamazonの予約数は終了、あとは転売屋が高値で出品するのみとなりました。
さて、本体を無事にGETできたところで、ソフトや周辺機器などを購入するとします。

Nintendo Switch Proコントローラー
魔界戦記ディスガイア5
ドラゴンクエストヒーローズI・II for Nintendo Switch
ぷよぷよ (TM) テトリス (R) S
スーパーボンバーマンR

買ったのは、Proコントローラーと以上の4ソフト。
一人用やりこみ系ソフト2本と、対戦用ソフト2本。
これからソフトが増えてくる・・・はずなので、ロンチタイトルとしてはこんなもんでしょうか。

ひとまず、しばらくは新しいゲームハードの楽しみ方を模索しつつ、発売までの間にあたらしいぷよぷよの組み方でも修行しておくとでもします。



1月15日

[仕事]
風邪治りかけの本調子でない中、なんとか乗り切っています。
これからしばらくの間は祝日もなく、週5日勤務を淡々とこなしていくことになります。
年末頃と比べると少し業務量は増えそうですが、それでも昨年よりはまだマシなはず。
これからも毎週、土日の休みを楽しみに日々頑張ろうと思います。


[Nintendo Switch]
先日、詳細が発表されました。
本体は3月3日発売、価格は税別29,980円とのこと。
私が予想していたよりも発売は早め、値段も安めでしたね。
まぁ、ただハードが大成するかどうかは、当然ながら今後のソフトウェアのそろい具合によってくるんですけどね。

さて、注目の「スプラトゥーン2」は今年の夏発売とのこと。
多分、何だかんだで続編が出るのならSwitchも買うのでしょうけど、問題は3月に買うかどうか。

ロンチタイトルで私が買いそうなものと言えば、一人やりこみ系のディスガイア5とドラクエヒーローズT・U、対戦系のスーパーボンバーマン。
その後は、4月に対戦系のマリオカート(半移植作)と、発売未定のウルトラストU(海外ソフトの移植?)、そしてスプラ2か。

また、最近は完乗の旅の関係で全国各地に行くことがしばしばあり、その際の電車や飛行機の待ち時間に据え置き機のゲームが、ネット環境無しにしても出来るようになるのは大きいですね。

そう考えると、やはり3月3日の発売と同時に購入も、アリかもしれませんね。
スプラ2発売までに、Switchの操作方法に慣れたり、色々な遊び方を画策するのもいいでしょうし。

NitendoSwitchの予約開始は1月21日(土)からとのこと。
私自身、買うのは確実と思われるので、その時期について色々と考えようと思います。



1月9日

[鬼ヅモ同好会冬合宿2016]
昨年末の29日から翌元日未明に渡って行われました。
麻雀の内容は、私は終始展開や好手に恵まれて、優勝となりました。

ただ、体調の方は大晦日夜から急に発熱による寒気み見舞われて、年明けすぐに高熱を出してしまうという不調振り。
確かにこの日、薄着で寝てしまって寝冷えを起こしたのと、寝不足による疲れが祟ってしまった感はありましたけどね。
とにかく、正月に予定していた実家帰りもキャンセルして療養するなど、正月三が日は文字通り寝て過ごしておりました。
まぁ、たまには何もしない正月というのも、良いものでしたけどね。



11月20日

今年も、気づいてみれば残すところあと1ヶ月と少々。
今年はJR完乗の旅を進めつつも、いくつか熱中できるゲームを見つけるなど、そこそこ充実した年だったと思います。
健康については、春に腰痛が酷くなって半日だけ休みましたが、それ以外は風邪などもひかず、年間通じて健康だったと思います。

仕事に関しても、大変だった昨年と比べると、だいぶ業務量が改善されました。
最近も、仕事の量はそこそこ多いながらも、毎日だいたい19時頃には退出できているし、自分自身の慣れや職場環境の改善により、良い具合に仕事ができています。
ただ、常に緊張が強いられる場というのは変わらないし、何より本業外の業務内容に数年間関わっているため、さすがにそろそろ現場へ戻りたいところです。
一応、異動の希望も出しており、出られるっぽい雰囲気なので、多分3月には異動となる・・・はずです。

とにかく、冬休みまでのあと1ヶ月間を、まずは無事に乗り切ろうと思います。



[GTA5]
いつものように「へぶつい」の日記を読んでいると、何と会長がPS4を購入したとのこと。
http://blog.goo.ne.jp/katsu666/e/7bd3cef891081a5160bca938b253636b

会長は今年のGWにスプラトゥーンの為にWiiUを購入しており、今年になってから2つハードを購入したことになります。
まぁ、PS4も価格が下がったし、ソフトも充実してきたしで、確かに買い時なのかもしれません。


さて、気になる購入ソフトの一つに「グランド・セフト・オートV(通称GTA5)」がありました。




このソフト、オープンワールドでミッションをこなしつつ、ドライブしたりテニスしたり泳いだりと、かなり自由に行動できるゲームとのこと。
世間の評判も良いようなので、私も会長に便乗してPS4版を買ってプレイしてみました。

・・・確かにグラフィックがリアルで楽しいのですが、私のプレイするテレビではカクツキが激しくて、1時間程プレイしただけでも目が疲れてしまいます。
色々調べてみたところ、PS4版は秒間動画枚数が30枚、すなわち30fpsで固定とのこと。
私は他にもPS4のゲームをいくつか持っているのですが、絵が綺麗なだけに、30fpsのゲームを大きな画面(52インチ)でプレイしていると、常にコマ送りを見ているようで、続けるのが辛くなってしまうのです。

でも、せっかく新しいゲームをやろうと決めたのに、ここで諦めるのもなぁ・・・と思いながら調べてみると・・・
昨年発売されたPC版は、パソコンのスペック次第で60fps以上の滑らかな描画も可能な上、PS版にはないMODの数々を組み込め、より遊びどころが増えるとのこと。

それはぜひPC版をプレイしよう!と思いつつも、気になるのは必要なPCのスペック。
何でも、グラフィックボードのメモリとやらが、最低でも2GB以上はないと60fpsは望めないのだとか。
一方、私のPCのスペックは



このとおり、4年以上前に購入したせいもあり、とてもPS4環境よりも良くなるとは思えません。


以上のことを踏まえつつ悩んだ結果・・・グラフィックボードを購入してPC版をプレイすることにしました。
今年はスプラトゥーンというゲームを半年ほどやりこんでいますが、そろそろ次に熱中できるゲームも見つけておきたいところ。
このGTA5は、やりこみ要素やオープンワールドの堪能など、お金を掛けてプレイする価値のありそうなゲームと見ました。
それに、今のPCはネットやエミュくらいにしか使っていないため、昨今のPCゲームをいくつかやってみる為に、スペックを底上げしておいても損はないと考えたからです。

という訳で、さらに色々と調査をした結果、今回購入したグラボはこちら。




「玄人志向 ビデオカードGEFORCE GTX 1060搭載 GF-GTX1060-6GB/OC/DF」という商品で、値段は27,360円。
気になるグラボのメモリも6GBと、GTA5を快適にプレイするには十分なパワー。
本当は、もっと性能の良い物と悩みましたが、そちらは5万円近くするし、フルハイビジョン止まりの解像度なら、この商品でも十分らしいので、これにしました。
今後、4Kサイズのより高解像度のゲームも登場してくるのですが、何よりモニターがまだそれに対応していないし、新たに買うにも値段が高いしで、手頃になるにはあと数年はかかるでしょう。

さて、せっかく購入したので取り付けてみたのですが、PCの環境が変わると例によって不具合が生じるもので、何やかんや対応するので2日間程を費やしてしまいました。
以下、不具合例。

・旧グラボを抜く方法が分からず、力を込めたらグラボの固定具が割れてしまった。
 →固定具を使わずとも、きちんと差し込めば問題無さそうなので、とりあえずスルー。
・グラボは上手く認識したものの、音が全く出なくなってしまった。
 →どうやらサウンドボードの接触が良くないのと、ドライバの更新が必要だったようなので、それらを繰り返し確認したら直った。
・併せてメモリを8GB買って増設したけど、認識しない。
 →単に接触が悪かっただけでした。きちんと力を入れて挿したら、認識した。
・GTA5のダウンロード版をインストール&アップデートしたはいいが、ゲームを立ち上げるたびにアップデートファイルをダウンロードし始めるので、起動に時間がかかる(ファイルは600MB以上あるので、5分以上かかってしまう)
 →どうやら、インストールするフォルダは日本語禁止らしい。フォルダ名を変えて改めてインストールしなおしたところ、解決した。
・PS2のコントローラーを使っていたところ、所々でボタンが利かなくなる。
 →そもそも「XBOX用コントローラー」以外は推奨されていないとのこと。色々調べたところ、PS3のコントローラーをXBOX用コントローラーとして認識させるツールがあるとのことなので、それを適用したら上手くいった。

こんな感じで、PS4版を手軽に始められたのとは対照的に、えらく苦労しました。
やっぱり、コンシューマー機の手軽さって、素晴らしいことなんだと再認識しました。

色々と苦労した甲斐もあって、何とかPC版GTA5を始めることができました。
ゲームそのものはグラフィックが綺麗だし、描画も60fpsで安定しているしで、非常に快適にプレイできています。
とりあえずはストーリーモードをプレイしていますが、たまにミッションを進めずに何気なくドライブするだけでも楽しいゲームです。
まずは、ストーリーを一通りきちんとクリアするところまでプレイし、その後はオンラインモードや、MODを導入するなど、様々な遊び方を試そうと思います。



10月23日

[仕事]
9月以降の少しのんびりした状態が徐々に終わり、また秋以降の業務量が多い時期がやってきました。
夏ほどの繁忙期ではありませんが、場合によっては夜遅い時間までの残業もあるかもしれません。
まぁ、例によって体調に気をつけながら、淡々とこなしていくだけですけどね。

あと5ヶ月で現場に戻れる・・・といいなぁ。



[麻雀]
5月以降はスプラトゥーンに現を抜かしておろそかになっていましたが、勘を取り戻すためにも、時々は打っていこうと思います。
そこで利用するのが、現在PC麻雀ソフト最強と言われる「まったり麻雀」。
何と言っても、最強クラスのCPU、東風荘形式の牌譜出力機能、無料といった、手軽に実践経験を積むにはもってこいのソフトです。



とりあえず30試合打ってみた結果。
・・・見事、ボコボコにされました。

もちろん天鳳も打ってはいくのですが、自分の打ち方を確認したり、新しい打ち方を試したりする際に、速く結果が見られる「まったり麻雀」も便利だと思います。
相手の強さが常に一定なので、「定点観測」的な使い方もできますしね。
ひとまずは、このソフトで安定して勝ち越せるように修行するとします。



[THE YELLOW MONKEY]
私が学生時代、アルバムを何百回と聴いたバンドです。
残念ながら2004年に一度解散していたのですが、今年になって何と再結成したという嬉しいニュースが流れました。

今年5月以降に全国ツアーを敢行しており、私もぜひ参加したいと思っていたのですが、ライブが平日で地方が多く、さらに仕事の繁忙期でもあって、二の足を踏んでいました。

そんな中、解散前の定番だった年末の武道館ライブ「メカラウロコ」が今年、実に約20年振りに開催されるとのこと。
これは是が非でも参加しなければと思い、ファンクラブに入会して予約抽選にエントリー。
注目する抽選の結果は・・・



あ、
あっさり当選した。
思えば、これまで聖飢魔UのミサやL'Arc~en~Cielの記念ライブなど、抽選モノは結構当たりを引いていますね。
巷では倍率20倍か?とも言われているようですが、何にせよ無事に行ける事になって何よりです。



[nintendo SWITCH]

先日発表された、任天堂の新ハード。
https://www.nintendo.co.jp/switch/

現行機のWiiUは、スプラトゥーンが好調だったものの、ハードとしては不調といわざるを得ず、挽回を求められている中での発表。
ムービーを見てみる感じでは、今までどおり据え置きでありながら、WiiUで模索した「コントローラー単体でも遊べるハード」を進化させたようです。
また、スプラトゥーンの新作と思われる場面も多く登場し、プレイヤーとしては期待せずにはいられない内容です。
以下、新ハードについて考える点をいくつか。

<良い点>
・持ち運びがしやすく、旅先でも気軽に対人戦が出来るなど、遊び方が広がっている。
 (でも、私自身は合宿開催側になることが多く、外に持ち歩くことは無さそう)
・メディアが光ディスクでなくメモリスティックに戻ったことで、読み込み速度アップや、耐久性向上か。
・ゲームパッドが本体そのものなので、持ち運び先でも通常のゲームができる。
 (ネット対戦はデータ量が膨大なので、オフラインソフトなら問題無さそう。
  既存の据え置き機では不可能だったので、これについてはぜひ期待)
・通常のメモリスティックを刺して、動画など見られるようになると、色々と捗りそう。
 さらにZIP形式の漫画とか読めるなら、もうタブレット要らなそう(妄想)。

<懸念される点>
・ゲームパッドが着脱可能な仕様なので、逆に言うと壊れやすそう。
 ゲームパッドは「消耗品」なので、シンプルかつ頑丈であってほしい。
・上記のことからも、本体一体型のゲームパッドの他に、コントローラーのみでのゲーム操作ができてほしい。その辺どうか?(動画ではそういうシーンが見られますが・・・)
・ゲームパッドから小さいコントローラーを取り外してゲームできるようですが・・・小さすぎない?
・WiiUのように、ソフト不足で終わらないで欲しい。
 ハードが変わるということは、獲得したユーザーを一度手放すことでもあるし。
 (私はそれほどお金に困っていないのでいいのですが、ユーザー人口の多さが
  サービスの良さにも繋がるので、ユーザーは大いに越したことはなし)

以上、色々と考えましたが、これだけスマホゲームが幅をきかせる中で、それでも新たな遊びの形を提案するあたり、任天堂の強い意思を感じます。
それだけに、過去の教訓を糧にして、素晴らしい娯楽提供を期待します。
私自身、購入するかと問われれば・・・スプラトゥーン新作が出るのなら、多分買うんだろうなぁ。

発売は来年の3月という事なので、今後の情報を心待ちにしたいと思います。



[JR完乗の旅日記]
随時、更新中。
何せ、書くネタは沢山溜まった状態なので、モチベーションを保ちつつ、次々とアップしていきます。



9月22日

先週末からの4泊5日の旅も無事に(予定変更等あったけど)終了、さらに昨日からの鬼ヅモ同好会夏合宿(1日のみ)も終了。
明日は夏休みを取っているので、今日を含めて4連休。
まずは今回の旅日記の作成をしつつ、久しぶりの休暇をのんびりと過ごそうと思います。



9月15日

[JR完乗の旅]
先週末に1泊2日で実施しました。実に5ヶ月振りです。
そして、明日から5連休が取れたので、5日間フルに使って遠方へ旅立ってきます。

一方、「めい」は北の大地へと旅立っている最中とのこと。
実は、私もこの時期に北海道、しかも同じ根室へ行こうかと思っていたのですが、度重なる災害により北海道の鉄道網が寸断されていると聞き、計画を変更したのです。
まぁ、実は変更先も今週末に台風の直撃を受ける模様なので、良い判断だったかというと微妙なのですが・・・。

とにかく、計画した以上は無事に実行するのみなので、安全に気をつけて行ってきます。



9月4日

[仕事]
夏の繁忙期が今年も無事に終了しました。
3回目の夏となる今回は、業務内容的には既に2回やっている事なので、例年よりは落ち着いて対処できていたと思います。
反面、システム改善されずに引き継がれてきた業務を、そのままマンパワーで乗りきらなくてはならない部分も多くあり、やっぱり人に頼った業界なんだと実感しました。
多分、この職場での業務は今年度で最後のはずですが、100%とも言い切れないので、来年度へ向けての業務改善に早くも着手しています。人の為にも、自分の為にも。

一方で、これまで全く消化できていなかった夏休みを、少しずつ使い始めています。
ここ2週間程は、休日はひたすら休息を取って疲れを癒していたけれど、次の週末くらいからは、また再び旅に出ようかとも思っています。
ただ、今年は昨年と違って聖飢魔Uのミサも無い為、いつどこへ行くかも、全く決めていません。
それは追々、各種乗り放題切符の有効期間などとも相談しながら、決めて行こうと思います。


[スプラトゥーン]
5月のGWから始めて約3ヵ月後の、8月上旬にランク50に到達。
このゲーム、ランク自体は上がる一方なので実力評価にはならないのだけれど、そこそこの時間を費やした、という指標にはなるのかな(100時間とか、そのくらい?)

ウデマエは、変わらずS。というか、ほとんどやってない。
理由は、やっぱりこのゲームは塗りが楽しいから。
ガチエリアはともかく、ガチヤグラとかガチホコって、勝っても負けても面白みがどこにあるのかよくわからないんですよね。
多くの人が言うように、ナワバリバトルにウデマエ制(もしくは実力評価制&マッチング)があれば良いのに。

使っている武器は、例によって塗り力が素晴らしい「N-ZAP89」、最近始めた「スプラチャージャーワカメ」、今日から始めた「パブロ」。
見事に全てサブウエポンが「スプリンクラー」ですね、はい。
スプリンクラー道は本当に奥が深い上に、メインウエポンが何であっても塗りにある程度貢献できる(⇒ステージや味方に依存しない)のが良いですよね。

とにかく、始めてから4ヶ月経った今でも、暇さえあれば毎日のようにネット対戦しています。
まぁ、もともとこのゲームの為にWiiUを4万ほど出費して買った訳ですから、まだまだこの先も無料対戦し続けて、元を取る(?)つもりでいます。



7月31日

夏の書き入れ時、およそ半分が終了。
今の所は大きな事故なく体調は良好、残業時間もこの3年間の中では一番少なく来れています。
明日から8月の後半戦がスタート、あとおよそ1ヶ月間が仕事のピークとなります。

ここからも引き続き体調良好を保ちつつ、9月以降の秋休みの旅計画でも練りながら、毎日の業務を淡々とこなそうと思います。



7月7日

ついにやって来た、一年で最も忙しい週末。
無事に乗り切るために、睡眠時間優先で、スプラトゥーンも自粛中。
とりあえず、少し落ち着くのは来週末になりそうです。



6月26日

[スプラトゥーン]
現在、ランク43・ウデマエS。
昨日は飲み会帰りにつき、修行を休みましたが、それ以外の日は例外なく毎日プレイ。
既に始めてからのプレイ時間は、100時間は軽く超えていると思われます。
まぁ、このゲームをやりこむためにWiiU本体まで買ったわけですから、まだまだ修行して上達して行こうと思います。

なお、使用武器はずっと一貫して「N-ZAP89」(通称『赤ZAP』)。
一対一の打ち合いはそれほど強くありませんが、何よりも塗りに強いこの武器。
勝利した時の1000pt超えは当たり前の事、稀に2000ptも超えるという、まさに「塗れば勝ち」のこのゲームならではの武器と言えます。
最近はスプリンクラーの奥深さを知ったということもあり、まだまだやるべきことは多そうです。

寝不足にならない程度のほどほどのゲームは、脳の活性化には良い(はず)ので、これからもできれば毎日続けようと思います。


[仕事]
今年もやって来た、一年で最も忙しい時期。
これから少なくとも2ヶ月間は、仕事中心の毎日となる模様です。

ちなみに、ここ1ヶ月の残業時間は、昨年のこの時期と比べると6割程度。
仕事の内容を知っているということもあるし、自分の業務内容を他の人に上手く引き継げているということもあって、昨年よりは割りと余裕のある展開です。
とは言え、気を抜くとミスして大事故となりかねない(そうなると休日が吹っ飛ぶ)業務ですので、余裕が出来た分の意識を事故防止のチェック作業に向けるなどして、今年も無事故で終わる事を前提に、この書き入れ時をしのごうと思います。



5月29日

[スプラトゥーン]
現在、ランク34・ウデマエAー。
毎日の修行、継続中。
ゲームにしろ勉強にしろ、毎日少しずつ欠かさずこなすのが成長への定石ですよね。

本ゲームは昨日、発売一周年を迎えたようですが、依然として対戦人口は潤沢にいるようですし、私もしばらくはこのゲームにのめりこもうと思います。

ちなみに、修行の合間に追加サブギアの吟味(目当ての結果を得る為に、ランダム要素のある試行を繰り返し行う行為を、鬼ヅモ同好会ではこう呼びます)について、色々と数学を駆使してまとめてみました。
まだ研究途中ではありますが、直感ともそこそこ一致する結果が出てきたので、とりあえずは公開します。

久しぶりに本格的な数学をやったけど、それなりの結論が出せて良かった〜。

「スプラトゥーン」追加サブギア吟味について


[飲料の自作]
気温が上がってきて発汗量も増え、仕事中に飲む飲料の量も増えてきました。
私は仕事中、冬場は自作の暖かいお茶、夏場は市販のお茶類を保冷の水筒に入れたものを飲んでいるのですが、夏場のお茶を2日に一回くらい買いに行くのも面倒なので、今年から自分で作ることにしました。

まぁ、「作る」とは言っても、カルキをとばした水道水に市販のティーバッグを入れるだけなんですけどね。
試しに一週間程続けてみましたが、慣れてしまえばそれほど面倒でもなく、2.2リットルのお茶代が電気代込みでも40円程と、かなり経済的であることも分かりました。
あわせて、自室で冷たいお茶を飲む為の真空断熱タンブラーも購入。
これで、今夏は部屋の中でも外でも、冷たいお茶を沢山飲む事ができそうです。



5月22日

[仕事]
忙しくなってきたものの、昨年よりは余裕を持って臨めている感じ。
今の所は休日出勤はほぼしていないので、今後もそれを維持できるよう、可能な限り平日に頑張ります。


[スプラトゥーン]
現在、ランク30・ウデマエBー。
この2週間、毎日欠かさず修行(ネット対戦)をし、一通りのステージは頭に入ってきました。
流石に初心者相手には圧倒できるほどにはなりましたが、中級者以上が相手になると、まだまだ弱点をさらけ出してしまっております。
特に、スプラシューター系には、無理だと分かっているのについ正面からぶつかって、やられてしまうし。
今後は、相手の武器を見極めた上での最善を選択できるよう、引き続き修行していこうと思います。

あ、あとギアの厳選も毎日行っております。
確率的にある程度の日数かかるのは確実なので、毎日欠かさずに試行するとします。



5月8日

今年のGWも、今日で終了。
これで次の祝日は71日後の海の日までなく、世の社会人や学生達は絶望のどん底の気分を味わっている所であります。

まぁ、私も明日からひたすら通常勤務なのですが、5月2日や6日に暦どおりの出勤をしていたせいか、あまり憂鬱度は高くありません。
とにかく、これから9月までの4ヶ月間は、多くの業務を淡々とこなすしかありませんね。
まずは、健康第一。規則正しい生活習慣で、今年も暑い夏を乗り切ろうと思います。


[鬼ヅモ同好会合宿2016 in GW]
連休恒例の鬼ヅモ合宿が行われました。
今回の合宿、会長が泊まりに来始めた4月30日の夜から本日5月8日の昼までの、計9日間の日程でした。
とは言え、きちんと麻雀ができたのは、5月1日昼〜夜、3日夜〜4日昼、6日夜〜7日昼という、何とも飛び飛びの日程となりました。
大型連休とは言え、それぞれ仕事や所用がある中での集結なので、仕方ないんですけどね。
以下、合宿で起きた出来事の概要。


[4月30日]
この日、私は昼頃から夕方まで仕事、帰りに職場の同僚と食事をして、18時頃帰宅。
21時頃になって、会長が合宿会場(つまりは私の部屋)に到着。
卓が立つ見込みがもともと無いので、2人で酒を飲みながら、テレビを見たり談笑したりといった感じで時間をつぶした。

途中、ファミコンソフトの「キン肉マン マッスルタッグマッチ」において、ブロッケンJrが強いという話になったが、「強いのは確かだが、最強ではないのではないか?」という議論になり、試しに2人で対戦して実証することに。
結果、「毒ガスが当たれば強いが、威力が低く即死では無い上、普段の移動スピードも遅いので、『最強ではない強キャラ』」と認定されることになった。

 

(三次元的には全く当たっていないはずなのに、二次元的にヒットする毒ガス。)


ちなみに、最強と思われるのはテリーマン、最弱はキン肉スグルという見解に異論は出なかった。

そう言えば、この日の飲酒量は、500mlのビール缶を私が1本、会長が5本空けていた。
会長は確か通風の治療中だったはずだけど、大丈夫なのだろうか?


[5月1日]
昼頃に「ご〜」と「たか」が到着。
今回、「ご〜」が参加可能なのはこの日の日中のみなので、2人の到着後、闘牌を開始。
麻雀の内容としては、とにかく私の手牌が良く、すぐに満貫やハネ満が作れる恵まれた展開。
10試合打った結果、+98ptで闘牌初日を終了。
今日のみ参加の「ご〜」はー8ptで終了した為、この時点で「ご〜」の優勝は事実上、無くなったことになる。

闘牌終了後、近所の洋食屋にて食事後、「ご〜」と「たか」は帰宅。
「たか」はこの後も参加可能だが、今夜は一旦家に帰るとのこと。

会長と部屋に帰宅後は、次の日に備えて酒を控えめに飲みながら、今期放送中のジョジョ4部と逆転裁判を鑑賞。
どちらも、原作を既に知っている作品ながら、アニメ版は原作を忠実に再現しつつ、程よくオリジナルも混ざっており、面白かった。

あと、会長が「昭和元禄落語心中」という作品を薦めてきた。
1話(1時間)のみ視聴したが、なかなか面白そうな感じだったので、暇な時に残りを見るとしようかな。


[5月2日]
私は朝から通常勤務。
部屋に会長を残し、職場にて1日仕事。

18時頃、ふとケータイを確認すると、会長からのメールあり。
「たかと相談の上、wiiuを買ってみました。よねはどうしますか?」
という謎のメール。
「どうしますか」って、仕事終わったら部屋に帰って夕飯じゃないのか?と思いつつ、仕事をキッチリ終え、帰宅。

部屋に着いてみると、会長が本当に「wii U」を購入し、本体のセットアップを終えていた。
何でまた急に「wii U」を買う事になったんだろう?と思ったら、何でも「スプラトゥーン」とかいうソフトの対戦が面白く、「たか」に薦められた結果なのだとか。

 


「かつ」に薦められるまま、何だかよく分からないながらもルールを覚えつつ、ネット対戦をやってみると・・・おお、確かに面白い。
「より広い面積を塗ったチームの勝ち」というルールながら、4人vs4人の対人戦ならではの協力プレイが病み付きになりそうです。
ただ、wii Uのゲームパッドは、液晶付きと液晶無しがあり、液晶無しのパッドでの操作がかなりシビアで、満足な動きもできず、やられてしまいます。

その後、「たか」が自分のwii Uを持参して登場。
本体と、液晶付きゲームパッド2つが揃った所で、3人のうち2人ずつが順次参加しての対戦開始。
「たか」はソフト発売時(昨年5月)からプレイしている為、我々相手には手加減プレイ。
武器は、「たか」が色々、会長が塗りつぶし要員のローラー、私がショット系のN-ZAP89とかいうもの。
基本動作は少しずつ慣れてきたけど、知らないステージだと自分がどこを移動しているのか分からず、全く役に立ててないこともあった。

何だかんだで会長や私は対戦に熱中してしまい、見事「たか」の布教活動の思惑にはまってしまった。
この日は結局、朝の4時半頃まで対戦していた。


[5月3日]
昼過ぎに起床、食事やら風呂やらもそこそこに、「スプラトゥーン」を3人でプレイ。
ショット系を使って前線に切り込み、相手を討ち取る基本パターンは分かってきたものの、無謀に突っ込んで敵に討ち取られることも多々。
麻雀同様、押し引きの判断力を、実践の中で見につけなくてはなりませんな。

20時頃、「めい」が会場に到着したので、闘牌開始。
初日同様、この日も手牌に恵まれ、6試合で多少ではあるがポイントを増やす事ができた。
ただ、それ以上に会長が猛チャージしてきて、私103pt、会長98ptの5pt差にまで詰め寄られてしまった。


[5月4日]
会長が明日の仕事の為、夕方に帰宅してしまうので、昼から闘牌開始。
この日はキッチリ10試合。

引き続き絶好調で、トップ連発。
ただ、やっぱり会長も絶好調で、冷静沈着に逆転の可能性を残す位置取り。
終了時点で私292pt、会長193ptと、100ptの大きな差をつけてはいるものの、麻雀は何が起こるか分からないものだし、ましてや相手は会長。
優勝に大きく近づいたものの、油断は禁物だと感じさせられる闘牌となった。

ちなみに、この日の10試合中、私がトップ7回、会長がトップ3回と、トップは全て私と会長が独占してしまった。
もちろん、こういうことが起きるのも麻雀なのだけど、他の2人からしたらやってられない展開となった。

闘牌後は、4人で近所のインド・ネパール料理屋へ言って食事。
カレーセットを注文したのだが、注文してから品物が来るまでに40分以上もかかった。
元々、セットとは異なるカレーを頼んだのが理由とは思われるが、それにしても時間がかかりすぎで、特に待つのが嫌いと見受けられる「たか」は、しきりに時計を気にしていた。
肝心のカレーだが、出来合いのルーを使ったと思われる匂いがあり、お世辞にも「旨い」と評する事はできないものだった。
私は、少し離れた場所に行きつけの旨いカレー屋を知っているので、そちらを近いうちに訪問して、カレーの記憶を「上書き保存」することを決意。

食事後、会長は一旦帰宅。
残った3人は、帰宅後に酒を飲みながら「ブラタモリ」を観たり、例によって「たか」とスプラトゥーンを対戦したりした。


[5月5日]
「たか」が翌日の仕事に備えて、昼過ぎに帰宅。
残された私と「めい」は、私が主にスプラトゥーンのネット対戦、「めい」はスーファミの三国志4やドラクエ6を、それぞれ淡々とプレイしていた。
途中、休憩したりしたものの、二人とも8時間以上はゲームしていた。

世の中がGW一色の中、どこへも行かずに何しているのか?と思わないでもないが、どうせどこへ行っても混んでいるし、夏日の暑い中、出かける気もしないので、引きこもっていた。

スプラトゥーンは、「かつ」のIDを借りて、ひたすらネット対戦による訓練を重ねた。
ランクは、始めたときは14くらいだったものが、この日の終了時点で22まで上がっていた。
ううむ、1試合3分間のお手軽ネット対戦は、中毒になりますな。
これは、本気で私もwii Uの購入を考えてもいいかもしれない。

翌日の仕事に備え、日付が変わるくらいに就寝。


[5月6日]
朝から通常業務、21時頃帰宅。

部屋に帰ると、「めい」がファミコンソフト「暗黒神話 ヤマトタケル伝説」をプレイしていた。
2年前の年越し合宿でも「めい」がプレイしていたこのソフト。
普段はコマンド選択式のアドベンチャーゲームなのだが、ふとしたことでボスとの戦いになるときだけ、何故かアクションゲームが始まるという、昔にありがちな理不尽ゲー。

 


私が帰ったときには、ちょうど奇妙な形のボスと戦っていた。
慣れたキャラ捌きでボスを翻弄する「めい」。
5分程戦ったところで、ボスを撃破。

この後の展開はどうなるのかな?と観ていると・・・何とエンディングが始まった!
どうやら、先ほどの緑色のヤツがラスボスだったようだ。

クリアの達成感は全く無いが、2年半越しで積みゲーを消化できたことで、プレイヤーの「めい」や我々にとっては、喉に刺さった魚の骨が取れたような、安堵感があった。

さて、麻雀の卓が立つのは、この日と翌日の昼までとあって、夜遅くからの闘牌スタートとなった。
この日は私のポイントはほとんど変わらなかったが、会長が6試合で100pt程を荒稼ぎし、終了時点で私285pt、会長290ptと、何と本当に逆転されてしまった。
まぁ、驚きつつも「やはりさすが会長だな」と誰もが実感した闘牌だった。


[5月7日]
麻雀合宿の最終日。
この日の闘牌を8試合とあらかじめ決め(総計が40試合とキリが良いので)、闘牌スタート。
途中、会長と80pt程の差をつけるものの、そこは会長、すぐにトップを取り返して、しっかりと差を縮めてくる展開。

最終試合開始時点では、私338pt、会長316ptのまさに僅差。
トップを取ったほうが優勝、それ以外の場合は私が有利という、ある意味分かりやすい状況。
オーラスまで会長は和了れず、点数は私30200点、会長23000点。
ただ、会長は満貫をツモればトップ、即ち優勝となるので、もちろん油断は禁物。

オーラス私の手はバラバラで、途中からベタオリ開始。
私が最終の親なので、ノーテン終了してしまえば、この試合はトップを取れなくても、総合計では会長に勝利できるという寸法。
・・・しかし、


会長「ツモ!」  


ーーーやられた・・・。


      (北家)


最後にしっかりと満貫ツモを仕上げて、見事会長の逆転優勝。
最終結果は、私330pt、会長346pt。
330ptも取っておいて優勝できなかったのって、今回が初めてじゃなかろうか。
加えて、最終局で逆転するのも、私の記憶ではほとんど無いような。

とにかく、劇的な逆転劇を演出したという、何ともレフ版的役割に転じた私は、今回の大会を準優勝で終えることになった。

正直、途中何回か明確なミスがあり、そのどれかを上手く対処できていれば計算上は私が優勝していたのだけれど、そんな事を言い出しても全く意味が無いのが勝負の世界。
この悔しさを、今後の麻雀研究のモチベーションにしつつ、次回大会の優勝をまた狙うとしよう。

闘牌後、3日前の不満足なカレーの記憶を上書きする為、4人で私行き付けのカレー屋で食事。
・・・うむ、やっぱりここのカレーは最高だ!
皆で大満足した所で、「めい」を見送りがてら横浜駅まで足を伸ばす事に。
ここで私がある決断をする。

「wii Uを買いに行こう!」

やはり、例のスプラトゥーンは非常に面白い。
このまま、不完全燃焼の状態でプレイを終えるのはもったいない。
せっかく面白いゲームと遭遇できたので、こうなったらとことんやり込もうということで、これを機にwii U購入を決めてしまった。

・・・wii Uって、販売不調だと聞いていたので、PS4派の私としては「ザマを見よ」と思っていたのだが、申し訳ない。やっぱり良いゲームはどんなハードでも良い。
ということで、本体(スーパーマリオメーカー同梱版)とスプラトゥーンを購入して、早速セットアップ。
「たか」「かつ」と同時対戦するために、捨てるつもりで保管していた32インチテレビを引っ張りだして来て、3人で対戦。

・・・同じ部屋にいながら、3人でネット対戦するというのも妙な話だが、なかなか出来ることでもないし、やっぱり全員参加しての対戦が面白いので、やってみることにした。
やってみると、「たか」が強いのは当然として、会長もローラーを様々活用しての戦略を広げており、やはり対人戦は面白いものだと実感した。

結局、この日は6時間ほど対戦し、明け方に就寝。


[5月8日]
合宿終了日。
「たか」、会長は昼に帰宅。
残された私は、部屋の片付けや、スプラトゥーンのネット対戦、合宿の記録や日記を付けるなど、地道な作業をして連休最終日を終える。


思えばこのGW、スプラトゥーンばかりやってたなぁ。
時間にして・・・30時間くらいはやったんじゃないだろうか。
ともかく、ゲーム機本体を買ってまでスプラトゥーンをやる事になるとは予想していませんでしたが、熱中できるものがあるのはいい事です。
今後、せいぜい睡眠不足にならない範囲内で修行を積んでいこうと思います。
・・・あ、あと麻雀合宿での雪辱も晴らすために、麻雀研究もしていくということで。



4月17日

[近況]
この2ヶ月、特に大きな体調不良等ありませんでしたが、仕事の業務量が増えてきたこともあり、プライベートで何か特別な事をする気力が起きませんでした(当日記含め)。
まぁ、とは言っても今春の青春18切符の時期には、しっかりと旅をしてきましたけどね。
旅日記の方も、未報告の旅が多く溜まってしまいしたが、これからの秋までの時期は旅にほとんど出られない為、秋までの間に、今までの分を全て報告できたら、と思います。


[聖飢魔U]
昨年の9月のミサ参拝から始まった一連の再集結活動は、2月20日の武道館最終日をもって、無事に(『死刑』だけど)終了。
今回の再集結は、完乗の旅と重なったこともあり、色々と記憶に残る参戦となりました。
今後、今年中くらいは数々発表される成果物を楽しみにすることになりそうです。


[仕事]
またやってきた、夏の書入れ時に向けた準備の時期。
例によって残業が増えてくる訳ですが、今年は昨年よりも慣れた分、少し落ち着いて業務に臨めています(1年前も似たような事を言いましたが、今回は本当にそう)。
3年目となる今年は、1年後に異動することを念頭において(異動は決定ではありませんが)、引継ぎ作業をあちこちでしながらの業務となりそうです。

まぁ、当然ながら健康維持を第一優先、自分のペースで業務にあたります。


[支払い技術検定]
以前、この日記で話題にしましたが、会長もやっているとのこと。
http://blog.goo.ne.jp/katsu666/e/d5b8ca2f6f2c1ceef9d2760a41a6f6de

私自身は、ここ何ヶ月か着手していないし、スコアも伸ばせていないのですが、myハイスコアはいくつだったかな・・・と調べてみると、795,422,994ptでした。
約8億ポイントか。凄いのか凄くないのか、よく分からないな。

ちなみに、このゲームはカンストが確認されており、大体どのくらいゲームを続けられれば達するのかも、大体分かっています(ネタバレ気味なので、ここでは言いません)。
気軽にできるゲームなので、また気が向いた時にハイスコアにチャレンジしてみるとしよう。



2月15日

[近況]
1月の3連休で、今年初の完乗の旅を実行しました。
旅そのものはとても充実していて満足。また時間はかかるかもしれませんが、そのうち旅日記にて報告します。

・・・と、そこまではいいとして、その疲れもあってか、1月中旬頃に風邪をひいてしまいました。
風邪による頭痛などの症状はすぐおさまったのですが、そこから咳が1ヶ月ほど続いてしまいました。
そういえば、現場にいた頃は毎年春に喉を痛めて咳をしていたのですが、今回はほぼ2年振りくらいに咳が続きましたね。
とりあえず薬局で咳止めの薬を買い、酷い症状の時に服用していたら、ようやく最近になっておさまってきました。
とは言え、これから花粉症の時期でまた喉を痛めやすいので、引き続き体調管理はしっかりしたいと思います。


[天鳳]

先日、六段に昇段しました。





五段昇段から278試合での到達。
以前、初めて到達したときの所要試合数と大体同じですね。
とにかく、ここからが鳳凰卓への昇格チャレンジ開始となります。
忙しい日々の中でもこまめに打って少しずつでも上達し、七段昇段を目指すとします。



1月3日

この年末年始の6連休が終了してしまい、明日からは通常勤務の1週間が始まります。
私自身は、部屋の片付けをしたり、年末年始の振り返りをしたり、仕事が山ほど溜まっていたり、そもそも昨年の完乗日記を書かなければならなかったりと、相変わらずやる事が沢山あります。
ただ、新年の始めから全力ダッシュをしてもバテてしまうので、またいつも通りやれる範囲で淡々と、しかし着実に少しずつこなしていきたいと思います。

とりあえずは、明日の燃えるごみの日にきちんと生ごみを処理し、部屋に充満した蟹の香りを解消するとします。



バナースペース

鬼ヅモ同好会

会長:「かつ」
副会長:「たか」
HP管理:「よね」こと私
結成:1994年頃
本格活動開始:1998年

inserted by FC2 system